田中将大と斎藤佑樹の明暗の別れた今シーズン

今や日本のエースとして大活躍の楽天の田中将大選手は今シーズン24勝0敗でシーズン通して無敗という大快挙を達成した。

昨年から続いていた連続勝利記録は日本記録更新と共に、メジャーの記録を超える偉大な金字塔を打ち立てた。

 

田中選手の活躍により、今後はメジャー移籍も視野に入ってくるが今シーズンの活躍を見ては誰しもメジャーでの活躍も十分期待出来る実力であることは疑いようがない。

さらなる田中選手の成長に期待したい。

 

一方、高校時代は田中選手と共に甲子園を沸かせ、田中との投げ合いに勝ち早稲田実業の優勝の立役者であった日本ハムのハンカチ王子こと斎藤佑樹は今シーズン一軍の試合で勝利を挙げることなくシーズンを終えた。

昨年から痛めた肘が原因で不調に陥っていたが、故障上がりで登板した二軍戦での試合は序盤でKOされる試合が続くなどなどかつての栄光が霞む投球内容だった。

 

斎藤は早稲田大学へ進学してプロの世界に入った。

高校時代のライバルが既にプロで活躍していることで、斎藤自身にもプロでの活躍に自信があったはずだ。

プロ二年目には開幕投手を務めるなど勝利数も増やしてきたが、今では登板すれば打たれるの繰り返し、高校時代のライバルとは決定的に差がついてしまった。

 

斎藤の今のフォームを見ていると高校時代の躍動感が感じられないように思う。

スピードも150km近く出ていたのに今は140km台にも届かず球にもキレを感じられない。

キレがなければ変化球も打者に捉えられてしまう。

もはや投手としての能力は落ちてきてしまったのか?

 

あの甲子園を沸かせたハンカチ王子の躍動のピッチングを再び見てみたい。

そしてライバル田中将大との投げ合いで再び勝って貰いたいものだ!!


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ