田中将大(マー君)世界記録塗り替え! 妻まいも大喜び!

楽天のマー君こと田中将大が13日のオリックス戦に登板し、2失点に抑えて無四球完投勝利をかざった。

これで開幕から21連勝、昨年シーズンからは25連勝である。

 

開幕21連勝という記録は、1957年に西鉄(現西武)の稲尾和久がマークした単独シーズンのプロ野球記録20連勝を56年ぶりに破ったことになる。

またシーズンをまたがっての25連勝という記録も1937年に大リーグのカール・ハッベル(ジャイアンツ)が記録した24連勝を76年ぶりに塗り替え、世界記録の更新となった。

 

この偉大な記録を達成できたのは、もちろん本人の努力によるものだ。

しかしその陰には、妻でありタレントの里田まいの支えが大きいのも事実であろう。

中でも里田まいが作る栄養バランスが考えられた料理に注目が集まっている。

まさに「1汁6菜」と言える料理だ。

マー君里田まいの料理

 

田中将大と結婚するまでは全く料理経験がなく、箸や茶わんの置き方も知らなかったという里田まいであるが、結婚を機にスポーツ選手の食に特化したジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得。

食生活を全面的に支えるべく、腕と知識を磨いた。

 

妻の努力の甲斐もあって、今シーズンの田中将大は絶好調である。

世界記録のかかった13日のオリックス戦では、球場で必死に応援する里田まいの様子が印象的であった。

日本球界でマー君を見れるのはもう残りわずか。

ここまで成績を残してしまうと、メジャー行きはもう誰も止められないだろう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ