石井一久引退後は吉本に入社! 妻木佐彩子の言葉とは!?

プロ野球西武の石井一久投手が、今季限りで現役引退することを発表した。

引退後は吉本興業に契約社員として入社する予定だ。

妻であるアナウンサーの木佐彩子の言葉に背中を押されたようだ。

 

日米通算182勝を挙げた西武の石井一久投手が24日、埼玉県所沢市内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りで現役引退することを正式に表明した。

石井一久はエースとしてヤクルトに貢献した後、メジャーリーグのドジャース、メッツでのプレーを経験。

その後日本球界に復帰してヤクルト、西武と渡り歩き、22年間プロ野球選手としての人生を全うしてきた。

石井一久は22年間を振り返り、「今でも勝ちたいという気持ちも、やれるという気持ちもある。ただそこに向かうまでの準備に疲れた。」とコメントしている。

 

引退後はマネジメント契約を結んできた吉本興業に契約社員として入社することを明かし、「スポーツ推薦で入るんですが、野球選手として甘やかされてきたので、自分をしかってくれる人もいたほうがいい。4月1日、入社式に出ます。」と宣言した上で、「広報部に入りたい。」と希望を語った。

 

これまで石井一久の野球人生を支えてきたのは妻であるアナウンサーの木佐彩子だ。

木佐彩子は引退の話を聞いた時、「次の人生も輝けるんだったらそこに野球がなくてもいいんじゃない。」と石井の背中を押したとのことだ。

 

投手としてずば抜けた才能の持ち主であった石井一久。

彼は野球だけでなく、別の方面でも才能を発揮するかもしれない。

それは、彼が普通の人とは少し違う独特の感性を持っているからだ。

野球と同様、次の人生においても大いに活躍してほしい。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ