M・デムーロ JRA騎手試験不合格!

外国人の騎手として日本の中央競馬界でも活躍していたミルコ・デムーロ騎手がこの度、JRAの騎手試験に挑んだが結果は残念ながら不合格となった。

 

デムーロ騎手は短期騎手免許を取得し度々日本に来日していた。デムーロ騎手と言えば、クラシック二冠馬のネオユニヴァースや有馬記念ヴィクトワールピサなどの主要騎手としても知られている。中でも印象に残ったのが2012年天皇賞秋エイシンフラッシュでの勝利だ。そして中央スタンドで観覧されておられた天皇・皇后両陛下に向かわれ、跪座の形で最敬礼を行った姿は有名だ。

デムーロ最敬礼

 

外国人でありながら最敬礼のポーズなど派手なパフォーマンスもあり、日本では実力もさることながら人気のあった騎手なだけに心情的にはJRA騎手試験に合格させてやりたかったが残念な結果である。

 

かつて地方競馬所属でありながら中央競馬で既に実績のあった安藤克巳騎手がJRAに転身するために試験に臨んだものの不合格になっている。実績を考慮して翌年には試験制度を改変した事で晴れて合格となったことを思い出すと、デムーロ騎手の不合格にはそれらの配慮がなかったのかと正直驚いている。

 

確かに特例を設けることで、実績ある外国人騎手が短期免許ではなく通年免許を取りやすくなれば、外国人騎手が大挙押し寄せてレースを総なめにする事も予想される日本人騎手を育てるためには安易に制度改革せず、従来通りの試験制度が望ましいかも知れない

 

非常に難しい問題だが、ともかくデムーロとしては日本を拠点にしたい気持ちが強いであろうから、今回の結果を真摯に受け止めて、次回の試験では合格して貰いたいものだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ