みんなの党渡辺氏! DHC会長吉田嘉明氏から8億!?

みんなの党の渡辺喜美代表に関する衝撃的なニュースが流れました。

みなさんは元東京都知事の猪瀬直樹さんが徳洲会グループから5千万円を受け取り、必至に「これは個人的な借り入れです。」って弁明していた事件を覚えていますか?

猪瀬直樹借入
引用元:Bloomberg.co.jp

あれと同じことを渡辺代表もやっていたようです。資金の借り入れ元は化粧品会社の「DHC」です。

その金額はなんと8億円!

DHC会長の吉田嘉明さんはあっさり事実関係を認めちゃったようです。

 

みんなの党渡辺代表の言い分とは?

今回の問題ですが、DHCが貸したお金をもし渡辺代表がみんなの党の政治活動に利用していたのであれば、政治資金規正法違反になります。

また選挙活動に利用していたのであれば公職選挙法違反になります。

これを前提として、みんなの党渡辺代表の言い分をみてみましょう。

みんなの党渡辺
引用元:オーク ジャーナル

みんなの党渡辺代表は今回の8億円の融資は「個人的な借り入れ」だと説明しています。そして「あくまでもみんなの党とは関係がなく、自分だけの判断で決めたことであり、利息の支払いも自分一人で行っている。」と言い張っています。

しかしDHC会長吉田嘉明さんは渡辺代表とは全く違った見解を示しているようです。

 

DHC会長吉田嘉明氏の主張とは?

DHC会長吉田嘉明さんはあくまでも「みんなの党の選挙資金として」8億円を貸し付けたと言っています。そして8億円のうち5億4900万円についてはまだ返してもらっていないとのことです。

みんなの党渡辺代表からDHC会長吉田嘉明氏に最初に依頼があったのは、2010年の参議院選挙前。その際に3億円を貸し付け、その後2012年の選挙時にさらに5億円を貸し付けたようです。

未返済金の5億4900万円を早く返すように、DHC会長吉田嘉明さんが渡辺代表に催促したところ、渡辺代表は土下座して「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。」と謝ったとのことです。

 

どちらの言い分が正しいのか?

みんなの党渡辺代表はDHC会長吉田嘉明さんの発言を受けてもなお、「DHC吉田会長はみんなの党の選挙用に貸したと言っているようだが、実体は個人に対しての応援資金なので違法性は当然ない。」と語っています。

両者の主張を聞くと、DHC会長吉田嘉明さんの方が具体性があるように思えますよね。みんなの党の渡辺代表は何だか言い訳をしているように聞こえます

ホントに元東京都知事の猪瀬直樹騒動の「デジャブ」って感じですよね。

この報道を受けて東京地検は既に動き出しているとのことですが、8億円という金額は猪瀬直樹さんと比較しても金額が桁外れに大きい

渡辺代表は「説明することで責任を果たしていきたい」と語っていますが、果たしてそれで許されるのでしょうか? 国民は納得するのでしょうか?

またDHCは化粧品メーカーとして誰もが知っている大手の会社です。社会的責任という観点からすると、DHC会長吉田嘉明さんも包み隠さず全てを語るべきです。

みんなの党渡辺喜美氏とDHC会長吉田嘉明氏の今後の発言が注目されています。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ