カケホーダイのソフトバンク版は?

ドコモが時間帯や通話時間無制限で、定額料金内で利用できる画期的なプランをスタートさせます。

その名も「カケホーダイ」

ソフトバンクユーザーも同じようなプランを期待しているはず。

今回はソフトバンク版「カケホーダイ」についてご紹介させて頂きます。

カケホーダイソフトバンク
画像引用:ビジネスにiPhoneを

 

ソフトバンクが4月21日からスタートさせるソフトバンク版「カケホーダイ」。

その名も「スマ放題」です!

ちなみにイオンも新たに携帯事業に参入し、ムダな機能を絞った機種代+料金プラン=月額プランを提示してます。

さらにヒートアップする「ケイタイ・スマホ定額料金のシエアー争い!」見逃せませんね。

 

今注目されている「カケホーダイのソフトバンク版」、これはホワイトプランの改定版です。

カケホーダイのソフトバンク版と謳っていますが、実はドコモのように完全定額制ではありません・・・

しかしドコモに乗り換えたくないソフトバンクユーザーにとってはありがたいサービスとなるはずです。

スマ放題」の主な特徴は以下の3点です。

  • 無料通話とパケット通信の定額プラン
  • 定額分を超過した際の通話料金
  • ソフトバンク同士の国内通話無料

では早速一つずつ見ていきましょう!

 

無料通話とパケット通信の定額プラン

ソフトバンクの「スマ放題」は無料通話とパケット通信の定額パックが基本となります。

どういうものかというと、1カ月間での通話1回毎の時間と回数を制限し、制限内であれば月額料金を固定しますよというもの。

またそれに加えてパケット通信の容量も制限内であれば月額を固定しますよというものです。

ちなみに現在発表されているものは、SパックMパックLパック

それぞれ以下のような内容です。

Sパックプラン 5,980円

  • 1回5分までの通話が1カ月で50回できる
  • 無料パケットは1カ月2ギガバイトまで

Mパックプラン 6,980円

  • 1回10分までの通話が1カ月で1000回までできる
  • 無料パケットは1カ月7ギガバイトまで

Lパックプラン 9,980円

  • 1回10分までの通話が1カ月で1000回までできる
  • 無料パケットは1カ月15ギガバイトまで

 

定額分を超過した際の通話料金

当然無料通話時間を超過してしまう時もあるでしょう。

その際の超過料金は以下の通りとなっています。

  • 30秒毎に20円加算

 

ソフトバンク同士の国内通話無料

上記サービスに加えて、ソフトバンク同士の国内通話は1:00から21:00までは無料になります。

 

このドコモの「カケホーダイ」に対抗したソフトバンクの新サービス「スマ放題」。

ソフトバンクによると、このサービスはVoLTE時代を見据えた価格設定となっているようです。

ちなみにVoLTEとは、LTEの技術を使って音声通話を行うことです。

LTEについてはスマホなどで既に使用されている方もいらっしゃると思いますが、わからない方はこちらのサイトを参考にしてみてくださいね。

 

ドコモの「カケホーダイ」は完全定額制ですが、ソフトバンクの「スマ放題」は上記で解説しましたように、あくまでも部分的に定額制になっているにすぎません

でもたとえばMパックやLパックのように、1回10分の通話を1カ月で1000回もしますか?

ビジネスマンならまだしも、個人ではなかなかないですよね?

よって通話に関しては十分ドコモに対抗できるのではないかと思います。

それよりも「スマ放題」で注意しなければならないことは、パケット通信代です。

パケット通信は使用量が見えづらいため、気がついた時には大幅に定額分を超過し、思わぬ高額請求になってしまっているというこもあり得ます

最近はYouTubeなどをよく見る方もいらっしゃると思いますが、動画なんて見たらあっという間に定額分はオーバーしてしまうでしょう。

よって、「スマ放題」プランを利用する場合はパケット通信使用量に十分注意する必要がありそうですね。

ちなみに、どうしても心配な方は有料オプションの「あんしん料金オプション」を一緒に申し込むという方法もあります。

このオプションはパケット制限を超えて利用した場合低速化するというものです。

 

さて、ここまでソフトバンク版「カケホーダイ」とは言えないかもしれませんが、それに対抗するソフトバンクの新プラン「スマ放題」について解説してきました。

今携帯電話サービスはキャリア間での激戦状態になっており、随時さまざまなプランが生まれています。

絶えず情報収集しておかなければ、知らないうちに損してる?かもしれません。

ご自分にあったプランを見つけて頂きたいと思いますが、今回ご紹介した「スマ放題」もぜひ選択肢の一つとして入れて頂ければと思います

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ