シャープ業績上方修正! 好調の理由とは!?

シャープは17日、2013年9月の中間連結業績予想を上方修正する方針を固めた。

現在経営再建中であるシャープ。

その好調の理由は多岐にわたる。

 

業績上方修正の内容は、営業利益を従来予想の150億円から、2倍の300億円にするというものだ。

18日にも約1500億円規模の公募増資の実施などと合わせて発表し、再建が進んでいることをアピールする。

上方修正の理由として、7月から9月期の太陽電池事業の売り上げ好調維持、スマートフォン(多機能携帯電話)向けの液晶の出荷好調、猛暑によるエアコンの売り上げ増などが挙げられる。

 

4月から6月期は当初100億円の営業赤字の見込みだったが、好調な太陽電池事業などに支えられ、30億円の営業黒字だった。

これらの要因から、同社は営業損益を150億円前後、上方修正する見通しである。

最終赤字も従来予想の200億円から縮小するとみられる。

 

シャープは18日、2期連続の巨額赤字で大幅に減った資本を増やすため、増資策を発表する見通しである。

資本増強策で、経営の健全性を示すシャープの自己資本比率は6月末の6%から10%台に回復する見通しだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ