安倍総理、靖国神社の秋の例大祭 参拝は見送りか??

一部新聞紙面では安倍総理大臣の靖国神社の秋の例大祭参拝は見送り濃厚という見出しが載っている。

諸外国に対する配慮からということらしい。

事実関係はまだはっきりしていないのであえて仮定として書くが、総理就任時に安倍総理が発言した「前回の総理在任中に靖国に参拝出来なかったことは痛恨の極みだ」というセリフが非常に軽く感じられてしまう。

 

靖国神社は先の大戦での戦犯が合祀され奉っていることで中国、韓国は総理大臣の靖国参拝に反発してきた。

この歴史的問題から歴代の首相が参拝を見送ってきたのだが、日本国内においては国会において東京裁判で戦犯とされている方の名誉は回復しており、そのA級戦犯の中には安倍総理の祖父であり、総理大臣になった岸信介も含まれているのだ。

こういった背景を見ても他国から戦犯の合祀を祀っている靖国神社参拝の非難はまったくもって見当違いと言わざるを得ない。

こういった見当違いの反発がいつの間にか日本国内において参拝は自制すべきとの声が強くなり、総理大臣の靖国参拝がなかなか実現出来ない状況が続いている。

 

アメリカのアーリントン墓地など戦没者の慰霊地があるように、日本の慰霊地は靖国神社なのである。

他の慰霊施設を作ろうとも亡くなられた英霊は靖国に祀られたままで移ることはない。

日本のトップである総理大臣が靖国神社へ参拝するのは至極当然の事なのだ。

安倍総理も自身で放った言葉の重さをしっかり噛みしめて秋の例大祭に参拝していただきたい。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ