橋下徹の【出直し選挙】 対抗馬の立候補者がブチギレ!

『我々を引っ張り出したのは橋下徹だ!なぜ無視するの!』

橋下徹さんの対抗馬として立候補した藤島利久さんが記者会見の場でブチギレしてしまいました。いったい何があったのでしょうか?

橋下徹さんの出直し選挙の対抗馬として立候補した二野宮茂雄さん、マック赤坂さん、藤島利久さんが2014年3月12日に記者会見を開きました。今回の選挙に対してこの3名はかなりご立腹です。なぜこの3名はこんなに怒っているのでしょうか?
 
藤島利久橋下徹

 

その理由は、橋下徹さんに政策公開討論会を申し込んだところ、「議論が噛み合わない」ということで断られたからのようです。公開討論会を断られたことにより、不満が爆発してしまったわけですね。3人の主張を以下簡単にまとめました。

 

公開政策討論会開催の申し出をなぜ無視するのだ!

  • 出直し選挙決定時に対抗馬をあげろと言ってたはずだ
  • 政策を戦わせたいと耳にタコができるくらいに言っていたはずだ
  • 議論が噛み合わなくても民主主義の選挙においては政策の違いを討論すべきだ

 

今回の選挙は橋下徹のためだけの選挙ではない!

  • 橋下徹の大阪都構想実現のためだけの選挙ではない
  • 自分達も政策を市民に知ってもらう権利がある
  • 橋下徹さんがカリスマ的政治家であることは認めるが、自分達も同じ立候補者だ

 

今回は6億円以上の税金をかけて選挙を行っています。これだけ多額の税金が選挙に使われいるのにもかかわらず、まるで橋下徹さんのためだけにあるような形になっていることが許せないようですね。

橋下徹さんがやろうとしていることは皆が知っているのに対して、対立候補者の二野宮茂雄さん、マック赤坂さん、藤島利久さんの政策については誰もわからない。だから橋下徹さんと政策の違いについて議論し、それぞれの立候補者の政策を知ってもらった上で民意を求めるという姿が民主主義における平等な選挙であると主張しているわけです。

しかしながら橋下徹さんは政策討論会開催の申し出を「議論が噛み合わない」という理由で断っています。このことに3人の立候補者はご立腹なんですね。

「橋下徹さんだけに票が入って、私達は皆ゼロ票なのか?」「こんな茶番な選挙はない」という思いです。

みなさんはどう思われるでしょうか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ