猪瀬東京都知事の不正スキャンダル! 歯切れの悪い釈明!

猪瀬東京都知事が徳洲会から多額の寄付金を受け取っていたとされる問題で窮地に立たされている。経緯を見ると、石原前都知事からバトンを受け継ぐ形で都知事選に立候補した際に徳洲会との繋がりが出来たようだ。

 

猪瀬知事の当初の釈明では、都知事選での対策費用として5000万円を借りたとしていた。ところがその2時間後の会見では私用に借り入れたとしている。選挙対策となれば公職選挙法に該当するが金額の記載はされていない。当初の弁明の通りであれば公職選挙法違反となる。また政治資金として使われている場合においてもこれも記載されていないため政治資金規正法違反となってしまう。

 

私用となれば、公職選挙法や政治資金規正法に抵触しないが、この答弁の変化は単に記憶違いだったのか、法に抵触するので慌てて変更したのだろうか。更に資金を返したのは徳洲会問題が明るみになってからであり非常に苦しい弁明となっている。

 

 

借入金5000万円は無担保無利息で借り入れており、借用書もないと報道で発表されている。仮に刑事事件に発展しない場合でもこれだけの大金を無担保無利息で借り入れできるとは信じられない話だ。これについては道義的また政治的責任として猪瀬知事は有権者に対してきちんと釈明をする必要がある。

 

人気の高かった石原前都知事から引き継ぐ形で政策を推し進め、2020年東京オリンピックの誘致にも成功した。都知事として着実に実績を積み上げている中での金銭スキャンダルは今後の政治活動に大きな支障が出ることは間違いない。順調な都政運営を進めていながら一転して騒動の渦中とは、脇が甘いとしか言いようがない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ