韓国で日本の新ユニフォームが禁止!? 国会が法案提出!

サッカー日本代表の新ユニフォームが発表され、今月16日のオランダ戦で初披露目となったのだが、ユニフォームのデザインについてお隣の国がいちゃもんをつけてきている。

2日本のユニ

 

韓国の政権与党・セヌリ党の孫仁春議員らが、日本の軍国主義を連想させる旗や服、マークの制作や公共の場所での使用を禁止する刑法改正案を提出している。違反した場合は懲役刑や罰金刑になると言う。

 

ある韓国国会議員は旭日旗を連想させるユニフォームは政治的意思を示すことになり、国際社会が黙っているはずがなく、FIFAより制裁措置が取られるだろうとの見解を示している。

 

あくまで可決した場合の話だが、この法案が通過すれば少なくとも韓国国内で日本代表が試合をすることが出来なくなる。しかし韓国でのサッカー国際大会と言えば、日韓交流戦、アジアカップくらいであり、韓国に出向かなければ済む話なので特に日本が困ることはない。アジアカップが韓国で開催される場合も、アジアの他の国が問題視していないユニフォームが原因で日本を締め出したら、韓国の非常識さが浮き彫りになるだけだ。

 

戦犯旗をイメージさせているのは韓国だけの解釈であり、日本においては自衛隊旗として旭日旗を使用しているので国際問題に発展する訳がない。韓国の官民こぞっての今回のユニフォームへのいちゃもんだが、いい加減に自分達の主張がおかしいことに気が付かないものなのだろうか?

 

2002年の日韓ワールドカップ決勝トーナメントにおける韓国戦での不可解なジャッジや国際試合での危険なラフプレーが原因で世界のサッカー強豪国との親善試合を断られている韓国。日本のユニフォームにクレームを入れる前に自国の襟を正さねば孤立の道を歩むだけだ


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ