TPP交渉で求められる「したたかさ」戦略とは!?

TPP(環太平洋経済連携協定)において日本の「したたかさ」戦略が求められている。

現在関係国との交渉は難航しており、予断の許さない状況である。

 

TPPにおける交渉結果は、将来の日本経済に大きな影響を与えることは言うまでもない。

今、日本に求められていることは「したたかさ」である。

 

今回のTPP交渉では、日本は先進工業国としてアメリカと利害が一致している分野がある。

しかし一方で、国内の市場開放ではアメリカから圧力を受けてもいる。

 

今回のアメリカに対する懸念事項は、アメリカが選挙前に交渉を急いで進めてしまうのではないかということである。

急いで進めるということは、交渉における「妥協」が生まれる可能性があるということだ。

アメリカと対立点の多い新興国の戦略としては、アメリカの足元をにらんだ「先延ばし戦略」だ。

アメリカが焦り、妥結を急げば急ぐほど、日本にも当然妥協を求めてくるであろう。

 

アメリカ国内の事情も踏まえつつ、日本は可能な限り「したたか」に立ち回り、有利な成果を勝ち取らなければならない。

今、日本の交渉力が問われている。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ