くまモンが世界進出!? アメリカハーバード大で!

くまモン(熊本県のPRキャラクター)が近々世界進出することが明らかになった。

熊本県の蒲島郁夫知事はくまモンを引き連れて、11月にアメリカハーバード大を訪問する予定である。

 

アメリカハーバード大訪問の目的は熊本県の認知度向上だ。

「くまモンの政治経済学」をテーマに知事が講演することで熊本県のアピールを図る。

 

講演は11月12日に大学の講堂で行われ、学生や報道関係者約100人が主席する予定。

また、13日には有力地方紙のボストン・グローブ本社などを訪れ、熊本県をアピールする。

街ではくまモンが出没するイベントなども企画されている。

 

日本人は自分自身をアピールすることが苦手な国民だと言われている。

アピールすることは「はしたない」、「傲慢」といった感覚が日本人にはあり、いわゆる恥の文化を持つ日本の中では行いづらい行為なのだ。

ましてや言葉の壁がある国際間のアピールであればなおさらだろう。

そんな中、ゆるキャラを使った間接的なアピールはとても日本人らしいのと同時に大きな効果を発揮する戦略になるかもしれない。

 

果たして日本のトップに君臨するゆるキャラ「くまモン」はアメリカで受け入れられるのだろうか?

受け入れられた暁には九州経済、日本経済のさらなる活性化が進むであろう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ