【パケ死の恐怖】特に海外で要注意!防止の方法を一挙公開!

「パケ死」という言葉、聞いたことありますか?

パケ死を簡単に説明しますと、海外にスマホを持って行き帰国後に莫大な請求(数万円~数十万円)を受けることを言うそうです。

楽しい海外旅行が帰国後に携帯電話の支払いに追われる顛末に陥る悲劇、そんな話しを聞くと海外に携帯電話を持っていくのが怖くなります・・・。

 

パケット使い放題の契約をしているのに・・・

フリー素材

スマートフォンをお持ちの方の多くは「パケット定額」というサービスに入っているはずです。

頻繁にネットに接続するスマホは、それだけパケット通信料を必要とします。

使った分のパケット代もかかるのですが、本来の請求であれば数万円~十数万円に上っているはずです。

そのような高額請求に伴うトラブルを防止する為に、パケット定額制のサービスがあります。

但しこのサービスは「日本国内」に限られたサービスです。

海外で使うパケット通信費は、通常契約しているパケット定額の利用条件の「対象外」となります。

 

海外で【パケ死】を防止する方法

f8d14720feea1a0e8f44b251fc0f821a_s

色々なサイトで数多くのパケ死防止法を紹介していましたので、内容をシンプルにまとめてご紹介致します。

 

1.携帯電話を海外に持っていかない

スマホを海外にもって行かなければ「パケ死」に遭うことは100%ありません。

高齢の方には携帯通信に対して苦手意識をお持ちの方も多いと思います。

心配性な方は、海外にスマホを持って行かなければ何の心配も要りません。

 

2.電波オフモードにする

スマホには「電波オフモード」があります。

常にこの機能にしておけば【パケ死】に遭遇することはありません。

  • 出来ないこと

⇒通話が出来ません。

  • 出来ること

⇒ホテルなどが提供するWiFiに接続すれば、インターネットに繋ぐことができます。

 

3.海外ローミングを設定する

この方法になると、若干レベルが上がります。

  • 出来ること

⇒通話が可能です。

但し海外通話は受信料を取られますから、受信する側も通話料金が発生します。

  • 出来ないこと

⇒インターネットに接続できません。

但し、ホテルなどが提供するWiFiに接続すれば、インターネットに繋ぐことができます。

SNSが好きな人がリアルタイムに旅先の画像を投稿するなど、国内では普通にできることに制限が出ます。

それでもホテルに戻るのを待てば投稿できるのですから、写真だけ撮影しておきましょう。

 

4.海外パケット定額を契約する

これが一番無難です。

この方法であれば、海外にいても国内にいるのと同じようにスマホが使えます。

日額数千円と割高ですが、保険をかけていると思えば割り切れます。

  • 注意事項

⇒この海外パケット定額にはカラクリがありますので、注意が必要です。

携帯キャリア各社が海外で提携する通信サービスに接続しなければ、パケット定額は受けられず高額請求に繋がります。

この方法は手動で設定する必要があります。

また旅行先に携帯キャリアが提携する通信会社のサービスがない国もありますので、出国前にパケット定額対象国なのかを確認しておく必要があります。

 

海外旅行の時にスマホを使う条件

著作フリー

「パケ死の防止法」と聞くと機械的なことばかりに目がいきがちですが、本当に確認する必要があるのは利用者のスキルです。

利用者のスキルに応じて、先に述べました防止法を選んでみて下さい。

 

携帯電話の料金プランや操作方法を理解していない方

⇒「1」を選択することをお勧めします。

こうしたタイプの方は一人で海外旅行に行くわけではありませんし、一人だけで知らない街を歩くこともしないと思います。

添乗員さんはじめ、周囲には携帯電話を持つ方も沢山います。

家族には宿泊先ホテルの電話番号(国内から発信できる番号)を聞いておけば、そんなに支障はないはずです。

 

国内では携帯電話は使いこなしているが海外旅行は初めての方

⇒2または3の方法をお勧めします。

心配な方は旅行前に加入する携帯電話ショップで事前に説明をよく聞くと無難ですし、操作方法もそれほど困らないと思います。

 

海外旅行または海外出張の経験をお持ちの方

⇒ここでお話しするまでもなく、ご自身にあった方法をお持ちのはずです。

 

 

【パケ死の恐怖】を取り除くには、最初に自分の携帯電話に対する知識や機械の操作経験などを知ることが大切です。

まずは自分を客観的に見直しをして、自分に合ったサービスを利用するようにしましょう。

携帯利用者には色々なタイプの方がいます。

携帯各社は、そうした利用者の状況に合わせてサービスを提供しています。

スマホで出来なければ、パソコンやデジカメで出来ることもあります。

パソコンを持参しなくても、ホテルに設置されている場合もあります。

事前に出来る情報収集、そしてスマホがないケースなども想定して、高額請求という事故から自分を守る努力が大切です。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ