ブルーライト対策にPCメガネが売れている

液晶テレビやスマートフォンを使用しているときに使用するメガネが普及している。液晶画面のバックライトに使われるLEDが発するブルーライト(青白光)が目に疲れを及ぼすことへの対策として開発されたメガネだ。2012年頃から出回り始め、売れ行きも好調だと言う。

 

かつてのブラウン管式のテレビやパソコンに比べて液晶から発せられるブルーライトは3倍もの光を発していると言われている。目に見える可視光線の中でも波長の短いブルーライトは、画面を見ると白い部分がギラギラして凝視するのが辛くなるほどの嫌な感覚を味わう。仕事で長時間パソコンを見続けることが視力低下に繋がり、目に負担をかけ続けることによって日常生活にも支障を来す恐れがあるのだ。

 

PCメガネにより発せられるブルーライトを最大50%以上カットすることできるため、目に対する疲労軽減効果に繋がる。実際にPCメガネを使用している方の話を聞くと、目に対する負担が軽くなったようだとの意見が多い。ブルーライトを抑えることで目への負担を和らげる効果はあるようだ。

 

 
PCメガネにはレンズの表面に青白光を遮断する効果があり、見た目は普通のメガネとほとんど変わらない。矯正用PCメガネもあり、デザインも豊富で普段使っていても違和感はない。値段も比較的安い料金で販売されており、パソコンを長時間に渡って使う機会が多い現代人にとって今後必須アイテムとなりそうだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ