暴走事故で現場騒然! なぜ繰り返される!?

24日、京都府八幡市の府道で、歩道の小学生の列に同市内の少年(18)運転の暴走車両が突っ込み、5人が重軽傷を負う事故が起こった。

子供たちの泣き叫ぶ声が響き、現場は騒然とした空気になった。

なぜ暴走事故は繰り返されるのか。

 

現場ではブレーキ音の後、大きなクラッシュ音が響き渡った。

大人たちが駆けつけると子供たちが足などから血を流して座り込んでおり、泣き声が響いていた。

 

事故を起こした男性は18歳。

自動車免許を取得してから1年弱しか経っていないようだ。

 

暴走運転による重大事故は頻発している。

加害者の多くは免許をとって間もない少年である。

運転の技量を過信してしまうのであろうか。

一度の事故が人生を大きく変えてしまう。

加害者は自業自得かもしれないが、かわいそうなのは被害者だ。

何の罪もない子供が一瞬のうちに命を奪われてしまう。

 

暴走事故はなぜ繰り返されるのか。

法律をさらに厳しくするなどして、特に暴走運転をした加害者に対しては、社会が厳しい罰則を与えなくてはならない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ