自撮りに批判殺到!? 男と女のギャップとは!?

自分が1番可愛く見えるアングル、ポーズなどで携帯などを利用して自分を撮影する「自撮り」が女性達の間で流行っている。

しかし女性の感覚と男性の感覚には大きなギャップがあるようだ。

 

今、女性の間で流行っている「自撮り」であるが、実際よりも可愛く、そして美しく、自分の姿形を映すための高度なテクニックが巷には溢れている。

しかしあまりにも変貌するその写真テクニックに男性からの批判が殺到しているようだ。

 

撮影した写真は携帯に保存されるだけでなく、SNSなどに公開され、出会いのきっかけにも利用されることがある。

男性にとって、まだ一度も会ったことのない相手のSNSに公開された写真は大変重要な情報の1つ。

実物とあまりにもかけ離れた写真を公開している女性が増えており、男性陣は批判を通り越して呆れた感情さえ持っているようだ。

また、実物と違うということだけでなく、毎回同じポーズで写真を撮っていたり、男性を誘うような上目遣いばかりしている女性に対して、「そこまでするの?」、「気持ち悪い・・・」といった意見もある。

 

女性の気持ちとしては、「別に男に見せるために撮っているんじゃない。」という人もいるであろうが、少なくとも「自撮り」に価値を感じている女性は多い。

明らかに女性と男性との間に「自撮り」に対する価値のギャップがそこには存在する。

男性からすると女性のナチュラルな笑顔の写真を見たいのかもしれないが、女性はすっぴんと同様、ナチュラルは嫌いな生き物であるということを理解しなければいけない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ