4Kテレビ放送地上波開始! 違いとは?

一日当たりのテレビ平均視聴時間は、一体どれくらい?

最近、考えたことありますか?

パソコンやスマートフォンが普及し、テレビ視聴時間が少なくなったとは言われていますが。

テレビは一家に一台の時代から、一部屋一台の時代へ。

そして近年では、スマートフォンや携帯電話でもテレビを見ることができます。

テレビが身近な存在であることに変わりはありません。

2011年のアナログ放送終了時に、地デジ(地上波デジタル放送)対応テレビへ買い替えた方も、たくさんいると思います。

今度は4kテレビ!?

6月2日、4Kテレビ放送が試験的に開始されましたが、今までのテレビと何が違うのでしょうか?

 

4Kテレビ特徴・地デジとの違いとは

4Kテレビ
引用元:GIZMODO

4Kテレビ放送については、こちらで詳しく解説しています。

参考資料:4K 8Kテレビ放送 – Wikipedia

地デジ放送との違いについて、ポイントだけ解説しますと-

地デジ放送よりも、高い解像度で映像や動画放送を見ることができる。

ということです。

どれくらいきれいに見えるのか、感想を紹介したサイトがありました。

上高地で撮影された4K映像を見る小寺さんです。「フラットな画質なんだけど、ものすごくきめ細かいから、奥行きを感じてすごく立体的に見える。これが4Kの魅力なんですよね」とのこと。

僕は実際に上高地に1回行ったことがあるのですが、そのときは天候が悪くてこんな絶景だとは思わなかったです。これは行った気になれます。というか、行ったとき以上の感動を覚えました。

引用元:ギズモード・ジャパン

画質がきめ細かく、とてもきれいに見える4Kテレビ放送は、一体どうやって見るのでしょうか?

 

4Kテレビ放送を見る方法

4K専門放送チャンネルChannel 4Kで、4Kテレビ放送を見ることができます。

スカパー502チャンネルで、無料で見られるということですが、色々と準備が必要なようです。

4Kテレビに必要な環境

①4K放送に対応したテレビ
②ハイスピードHDMIケーブル
③4K放送対応受信機器
④スカパー!ICカード
⑤124/128度CSデジタル放送対応(スカパー!プレミアムサービス対応アンテナ)

引用元:NexTV-F -次世代放送推進フォーラム-

J:COMでも放送開始をしたそうです。

6月から順次4Kテレビを導入し、ショップ店頭で「Channel 4K」をご覧いただく予定です。
なお、お客さま宅へのご提供時期は未定です。

引用元;ケーブルテレビのJ:COM 4K専門チャンネル「Channel 4K」の一般公開について

4Kテレビ放送を身近に感じるのは、しばらく先になりそうな雰囲気です。

 

アナログ放送終了⇒地デジ放送⇒4K放送⇒8K放送へ

アナログテレビ
引用元:日本の地上デジタルテレビ放送 – Wikipedia

2011年7月24日にアナログ放送が終了して、もうすぐ3年が経過します。

アナログ放送終了直前にテレビを購入した方は「今度は4Kテレビ!?」と思うかもしれません。

地デジ放送は、2003年12月1日に放送を開始していますので、既に10年以上の歴史があります。

その頃、地デジ対応テレビに買い替えた方は、買い替えの時期に来ているのではないでしょうか。

 

2020年東京五輪は8K放送で!

8Kテレビ
引用元:ATRPG-アトラプジ-

4Kテレビのお話をしたばかりですが、2016年には8Kテレビの放送開始も決定しています。

2016年といえば、リオデジャネイロでオリンピックが開催される年です。

そして2020年の東京オリンピックには、8Kテレビが本格的に稼動する計画も進んでいます。

4K放送でもきれいに見えるというのに、8Kになれば一体どれほどきれいに見えるのでしょうか?

 

こうして放送技術の進化とともに、テレビの買い替え需要は続きます。

8Kテレビが出ることが分かっていて、 4Kテレビを買う方がどれくらい出るのかも、注目の一つです。

パソコンや携帯電話もそうですが、後から良いものが出ると分かっていても、新しいモデルに買い替える方は多いですから、4Kテレビも近年で普及が進むと思います。

4Kテレビ放送がどれくらいきれいに見えるのか、楽しみですね。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ