NHK、テレビがなくとも受信料義務化!?

テレビがなくともNHK受信料徴収が義務化になるかもしれない。本来テレビ受像機がなければ受信料を支払う必要がないのだが、NHK側はテレビがなくともインターネット環境のある世帯には受信料を義務付けるよう働きかけをしているのだ。

 

テレビからインターネットへの流れが加速しており、テレビを所有しない世帯も増えてきた。このため全世帯での受信料支払率は年々減少しており、受信料で放送運営を賄っているNHKとしては放送法を見直して、ネット閲覧者に受信料支払い対象を広げる狙いだ。NHKはオンデマンド放送により過去のテレビ放送をインターネットで閲覧出来るようになっている。これによりネットユーザーからの受信料徴収も可能だと見解している。

 

最近ではテレビがあってもNHKを見ない事や番組制作の不満を理由に、受信料支払拒否が相次いでいる事から訴訟にまで及んでいる。いずれの判決でもNHK側が勝訴しているが、今後はテレビがなくとも訴えを起こす可能性もあり世論の反発を招くのは必至だ。

 

受信契約の減少から見て取れるように、テレビを持たない世帯が増えているのは間違いない。最近の番組コンテンツが充実していない事と、政治的な偏向報道が目に付くことがテレビ離れの理由として挙げられる。ネットは広い観点から情報を集めることが出来るのでテレビが必要なくなっているのだ。それにもかかわらず受信料獲得のために、テレビを拒否している世帯から受信料を徴収するという発想では番組コンテンツが良くなる訳がない。

 

あまりにも短絡的で受け入れがたいNHKの態度だ。なぜテレビを視聴する世帯が減ったのか、対抗措置ではなく問題点を真摯に受けとめて改善することが必要ではないのか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ