STAP細胞捏造!? 小保方晴子さんは現在どうしてる?

STAP細胞を発見したことで現在大きな注目を集めている小保方晴子さん。

若くてしかも美人の女性が今回の世紀の大発見を発表したということでメディアはこのニュースに飛びつき、あっと言う間に「STAP細胞」という名称と「小保方晴子」という名前が世の中に広がりました。

しかしSTAP細胞の論文について現在捏造疑惑が浮上しています。そもそもSTAP細胞の発見には最初から様々な疑わしい箇所があったようです。

STAP細胞の捏造疑惑とはいったいどのようなもので、どのようなきっかけにより浮上してきたのでしょうか?またこのニュースが流れ、小保方晴子さん本人は現在どうしているのでしょうか?

stap細胞小保方晴子
引用元:HUFF POST SOCIETY-小保方晴子さんってどんな人?

 

STAP細胞の捏造疑惑とは?

現在STAP細胞の論文の中で使用されている画像や検証内容がネットや他の論文などからコピペされたものなのではないかということが疑われています。

そもそも科学論文というのは全くオリジナルの内容でなくてはなりません。今回のSTAP細胞の発見は「画期的な発見」と評されています。しかしもしどこかからの引用の塊によって成立している実験結果であれば、「画期的」という言葉を疑わざるを得ません。

実際にネイチャー論文の画像が今回のSTAP細胞の論文に流用されていたという事実は既に明らかになっています。その流用元の論文というのは、小保方晴子さん自身の論文なのですが、科学論文の世界では自身の論文であっても、その内容を流用してはいけないという暗黙のルールがあります。その理由は、もし別々の論文の実験結果をごちゃまぜにしてしまうと、科学的な立証結果の信憑性が薄れてしまうからなんですね。つまり、「あの時はこうだったから今回もこうなるはずだ」なんていう曖昧な検証方法は科学論文の世界では認められないということです。

 

なぜSTAP細胞の捏造疑惑が浮上したのか?

STAP細胞発見の論文を受けて、著名な科学者達が実際に論文内容を再現しようと試みました。しかし現在の時点では、まだ再現することができていないと報告されています。論文通りの手順で再現できないということは、やはり小保方晴子さんの論文の内容に誤りがあるのか、捏造があるのか、ということになってしまうのです。

 

小保方晴子さんは現在どうしているのか?

現在小保方晴子さんとは連絡がつかないとの報道も一部ありましたが、共同著者の若山照彦さんによると、「前向きに対応したい」という内容を小保方晴子さんは語っているとのことです。この「前向きに対応したい」というのは「STAP細胞の論文がどうすれば認められるか」という意味で「前向きに」ということのようです。

今後、一旦論文を取り下げ、再度正確に科学的根拠の積み上げを行った上で論文を発表し直すという線が現在最も可能性としては高いですが、論文の取り下げには原則著者全員の許可が必要になります。現在のところリーダーである小保方晴子さんからは了解を得られていないようです。

小保方晴子さんに対してはさまざまな批判が飛び交っていますが、STAP細胞の発見が明確に事実と認定されれば、これは紛れもなく素晴らしいことです。

小保方晴子さんには今回の騒動を早めに締めくくり、じっくり研究に臨んでもらいたいと願っています。

そして次は誰からも否定されないような素晴らしい論文を発表してほしいですね。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ