みのもんた番組出演自粛! 息子雄斗の心境とは!?

みのもんたが息子である御法川雄斗氏の逮捕を受けて、報道番組の出演自粛を発表した。

31歳という年齢で窃盗未遂容疑をかけられている雄斗氏の心境とはどのようなものなのだろうか。

 

最近みのもんたに対する評判は良くない。

先日の吉田アナに対するセクハラ疑惑が報道されたのもつかの間、息子である雄斗氏の逮捕である。

報道番組自粛は避けられないことであっただろう。

みのもんたは11日に文書で次のようにコメントしている。

「私の次男の逮捕に関し世間を大変お騒がせした事について、大変申し訳なく思っております。父親として深く責任を感じております。報道に携わる人間として、その公正を守る意味でも報道番組への出演を自粛させていただくことにいたしました。」

 

御法川雄斗氏はなぜ31歳にもなって窃盗未遂を犯したのか。

その容疑とは、他人のクレジットカードを入手してATMで現金を引き出そうとしたということである。

結局は暗証番号がわからなくて引き出せなかったとのことだ。

普通であれば、31歳にもなればこの行動によってすぐに疑いをかけられ、逮捕されてしまうことくらいはわかりそうなものだ。

しかも本当に現金目的だったとしても暗証番号がわからないため、現金を引き出せないことも容易に予想できるだろう。

 

彼の父親みのもんたは芸能界の超大物だ。

推定年収は6億円以上とも言われている。

しかし昨年に妻である靖子さんががんのため亡くなってからは明らかに言動がおかしくなったと言われている。

雄斗氏は忙しい父親からの愛情に飢えており、支えであった母が亡くなったことでさらに親からの愛情を受けられずに寂しい思いをしていたのではないだろうか。

そしてそんな彼に追い打ちをかけるように先日の父親のセクハラ報道である。

今回の誰でも逮捕されるだろうとわかりそうな雄斗氏の行動は、父親を振り向かせるためのパフォーマンスだったのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ