ウィンドウズ8.1のスタート表示はどうなった!?

10月18日にウィンドウズ8の改訂版である8.1が発売された。ウィンドウズ8でスタートボタンがなくなったことでユーザーの不評を買っていたのだが、8.1版はスタートボタンを復活させ、Internet Explorer もバージョンアップして11となるなど最新の機能を充実させたものとなった。

8.1の目玉であるスタートボタンの復活であるが、壁紙やトップ画面の左下にあるウィンドウズアイコンをクリックすることでスタート画面に移動出来るようになった。しかしこのスタートボタンは大半のユーザーが望んだものではなかった。

windows8.1 壁紙

 

ウィンドウズ7以前のスタート画面はトップ画面の左スミにスタートメニューが表示されていた。

windows8.1 スタート

 

ここから作業をする際の全選択が出来るのでとても分かりやすかったのだが、8になってスタート画面がスクロールしなければ見渡せない程広くなった。更にアプリ表示に切り替わったことで、従来のスタートメニューに慣れている人からすればアプリなど戸惑うばかりだし、使い慣れていた7までのスタートメニューのような形に戻してくれるのではないかと思っていた人も多かっただけに残念であろう。

逆に8に慣れている人達にとってはメニュー表示が出しやすくなり便利になった。8でもウィンドウズボタン+Xでメニュー表示が出てくるのだが、8.1では画面左スミを右クリックすることで表示される。さらにシャットダウンも追加されているのでメニューからシャットダウンをする事が出来るようになった。

windows8.1シャットダウン

 

しかし特段新しい表示方法に切り替わった訳でなく操作が簡単になったくらいか。むしろこれらの表示がかえって邪魔になるかも知れない。

7以前のユーザーにとっては8よりは使い勝手は良いだろう。ただし7以前と表示が変わってくるので戸惑うのは間違いない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ