タモリ、いいとも!のテレフォンショッキングでビール!?

タモリが司会を務める「笑っていいとも!」の名物企画、テレフォンショッキングでビールを飲みながらのトークが行われた。

30年以上続く同番組の長い歴史においてもはじめてのことである。

 

ビールを飲みながらのテレフォンショッキングのトークが行われたのは17日の生放送中である。

その日のゲストはアーティストの山崎まさよし。

恥ずかしがり屋の山崎まさよしに「お酒を飲まないとこの人は話せないんですよ。」と切り出した。

山崎まさよしは、「本番前にスタッフからビールを用意しましょうか?って言われたけど、お昼の全国ネットの番組でさすがにお酒は飲めないから断りました。」と語った。

冗談だと思っていた山崎まさよしにタモリは「そういうのもやってみてもいいかもね。」と話し、その後なんと本当にスタッフがテレフォンショッキングのデスクにグラスに入ったビールを2杯持ってきた。

 

乾杯の後、テーブルの上にビールを置きながらリラックスモードで二人はトークを繰り広げた。

タモリは「世間から、昼休みにビールを飲むなって苦情がくるかなぁ。」と言いつつも愉快な表情。

山崎まさよしも少しずつ饒舌になっていった。

トークが一段落ついたところで飲み屋にでもいるかのように二人はもう一度ビールを口に含み、「こんなの本当にいいのかね?」とタモリが発言。

会場がどっと笑いに包まれたところでCMに入った。

CMが明けると机の上には既にビールグラスはなく、恒例のストラップをかけたクイズ企画に移っていった。

タモリ笑っていいともテレフォンショッキングでビール

 

番組中にタレントがお酒を飲むことで苦情がくるケースが多い。

しかし、タモリであればそのような心配はないのかもしれない。

むしろ、お昼からお酒を飲みながらトークをするという企画自体が成り立つのではないのかとさえタモリは考えているようにも思えた。

これも日本の景気が上向いていることを敏感に察知しているタモリならではのパフォーマンスなのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ