ディズニーのワンスアポンアタイム! 期間と見所は?

2014年5月29日、東京ディズニーランドに待望の新たなナイトショー、「ワンスアポンアタイム」がお目見えしました。

東京ディズニーランドのシンボル的なシンデレラ城を3Dスクリーンとしてディズニーを代表する映画がプロジェクションマッピングという技法を駆使して映し出されます。

今回はショーの開催期間や見所をご紹介します。

 

ショーの開催期間は?

5月29日に初公演となった「ワンスアポンアタイム」。

その開催期間については当初、6月いっぱいは開催されるがその後は未定、という説もありました。

東京ディズニーランドの公式ウェブサイトによれば、6月と7月は毎晩2回、8時台と9時台に上演される予定です。上映時間は20分

期間限定のショーではないので、常時上映のショーとして、これからも毎日2回程度のペースが続いていくのではないか、と予想されます。

この「ワンスアポンアタイム」にディズニーは20億円の投資費用をかけたといわれています。

そのことからも、東京ディズニーランドのこのプロジェクトにかける意気込みが感じられます。

これからのディズニーランドの代表的なエンターテインメントショーになるとの期待を背負っている、ともいえるでしょう。

 

プロジェクトマッピングとは?

さて、今回話題となっている、プロジェクションマッピング

プロジェクションは投影をいう意味を持っています。

投影をマッピングする、つまり、通常は平面のスクリーンに投影される映像を凹凸のある3Dのスクリーン、今回の場合ではシンデレラ城の形状に合わせて投影をする技法です。

映像がより立体的で躍動感のあるものとなり、映像とともに、背景のシンデレラ城も立体的に楽しめる効果があります。

東京ディズニーランドでは今回初の導入となるプロジェクションマッピングですが、日本では各地でこのプロジェクションマッピングがお目見えしています。

例えば、2012年9月の東京駅の「TOKYO STATION VISION」。

そのほかにも、姫路城や会津若松城、そして横浜のドックヤードガーデンでもプロジェクションマッピングを駆使したショーが開催されました。

 

「ワンスアポンアタイム」の見どころは?

立体的で躍動的な映像と、ディズニーの壮大な音楽、レーザーや花火などの特殊効果を駆使したショー、ワンスアポンアタイム

ショーはまず、「美女と野獣」に出てくるティーポットキャラクター、ミセスポットと息子チップにせがまれて「昔々、あるところに。。。」と物語を始めるところから始まります。

そして「不思議の国のアリス」、「ピーターパン」、「シンデレラ」をはじめ、たくさんのディズニー映画のシーンが絵本のページをめくるように繰り広げられます。

「ワンスアポンアタイム」を思う存分楽しむには、やはり、シンデレラ城の目の前の中央鑑賞エリアがベスト。

ただこのエリアはすべて指定席となっており、当日、抽選で当たる可能性にかけることになります。

リスクを避けてベストな席を確保したい、という方には、ワンスアポンアタイムの特別鑑賞席での鑑賞券付きの1泊2日のプランがおすすめ。

宿泊付きなので、ゆったりと心行くまでナイトショーを楽しむことができます。

 

 どうしても今すぐ見てみたい!というあなたは?

さて最後に。

「ワンスアポンアタイム」は見てみたいけれど、東京ディズニーランドに行けない、というあなたに特別サービスです。

♦ご注意♦お楽しみは実際のショーを見るまでとっておきたい!という方は、絶対に見ないでくださいね。

これを見て、感動した、ぜひ生で見てみたい!という方はどうぞ東京ディズニーランドにこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ