ポールマッカートニー チケットが高い! 見所は?

昨年11月に来日したポールマッカートニーが、なんと半年という短い期間で再来日します。

昨年の公演はとても評判も良く、多くの人々を感動の嵐に巻き込みました。ビートルズナンバーの再演も多かったですし、なんと言ってもポール自身がとても元気でした。

71歳という年齢にもかかわらず、水も飲まずにほとんど休むことなく歌い、ギター、ベース、キーボードを弾きつづけた姿にオーディエンスのみんなは感激したものでした。

そのポールが半年で再来日!ですからほとんどの人が大いに驚いています。

しかしもっと驚いたのは武道館公演におけるチケットの値段ではないでしょうか?

 

ポールマッカートニーの公演概要

今回ポールは東京の国立競技場で2回、大阪のヤンマースタジアム長居で1回のスタジアム公演のほか、目玉として48年ぶりに東京の武道館で1回の公演を行います。

スタジアム公演はともかく、武道館はビートルズが唯一4人で来日した際にプレイをした記念碑的な場所。

オールドファンには思い入れたっぷりの場所です。

またスタジアムに比べ会場も小さく、音響も良いのでより親密感のあるライブが堪能できるのではないでしょうか。

ただ問題はチケットの値段です。

国立競技場及びヤンマースタジアム長居のスタジアム公演における値段はS席で17,500円とそれなりの価格ですが(と入っても十分高価です)、武道館公演はなんとSS席で100,000円、S席でも80,000円もします。

一応C席として2,100円の廉価シートも用意されて入るのですが、それでもこの価格にはびっくりしてしまいます。

またスタジアム公演においてはスペシャルチケットとしてサウンドチェック参加券というものも用意されています。

これは公演前に行われるサウンドチェックを見学できるもので、事前のリハーサルでを楽しませてくれるものです。しかしこのチケットもなんと67,000円!ととても高価です。

もちろんサウンドチェック参加券とは別に公演用のチケットも必要となります。そのため2種類のVIP PACKAGEというチケットが用意されており、そのうちの1つHOT SOUND PACKAGEはS席+サウンドチェック参加券で本来84,500円のところ、830,000円で購入ができるようになっています。

なんだか2つセットで買うと割引になるユニクロのパンツみたいな売り方ですね。

さらにもうひとつのFRONT ROW PACKAGEというチケットは93,000円するのですが、こちらはサウンドチェック参加はもちろん、最前列で演奏を見ることができるようになっています。

 

そんな公演の見所は?

まずは武道館公演でしょう。スタジアム公演とは比べ物にならないくらいの濃密な親近感が沸くことは間違いありません。またオールドファンにとっては、もちろん48年ぶりの公演ということもありますが、なんと言っても武道館はロックの聖地です。過去にはロックの名ライヴ・アルバムが作られてきた場所でもあります。

一方スタジアム公演も捨てがたいものがあります。大観衆と一緒に得られる一体感はそれはそれで素晴らしいものです。また国立競技場はこれが最初で最後のロック公演ということになるはずです。

セットリストは今のところ未発表ですが、前回の公演とは大幅に変更してくるとのうわさもあります。

チケットの価格はそれぞれの人の価値観によるものですからなんとも言いがたいものがあります。しかし恐らくこれが本当に最後の日本公演になることは間違いないでしょうから、ファンにとって見れば両方捨てがたいところです。

前回の公演も大好評だったポールマッカートニー

今回も(チケットの価格は別にして?ですが)きっと素晴らしい演奏を繰り広げてくれることでしょう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ