半沢直樹が10年ぶりの快挙! 上がり続ける視聴率!

半沢直樹が10年ぶりの快挙を達成した。

第1話から視聴率を一度も落とさずに上がり続けている。

 

8日に放送された半沢直樹が、関東地方での平均視聴率が32.9%、関西地区では32.7%を記録したことが明らかになった。

関東地区では前週も30%台をマークしており、2週続けての30%以上は2003年木村拓哉主演のTBSドラマ「GOOL LUCK」以来の快挙である。

また、半沢直樹は初回視聴率19.4%でスタートして以降、第8話まで一度も視聴率を落としていない。

これは民放連続ドラマでは今年4月クール放送のフジ系「ラスト・シンデレラ」が第7話まで視聴率ダウンゼロを継続する記録を作ったが、これを上回る新記録となった。

 

8日の瞬間最高視聴率は37.5%。

終盤で半沢直樹の妻の花が、半沢の母親から、亡くなった半沢の父の敵が上司の大和田常務であることを知り衝撃を受けるシーンだった。

 

「Good Luck」以降、10年ぶりの快挙を達成した半沢直樹。

この快進撃はどこまで続くのか?

ドラマでは10話完結が予定されているが、これだけの視聴率をとったドラマである。

関係者によると、何としてでも映画化にこぎつけようと水面下で必死の調整作業を行っているようだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ