半沢直樹クランクアップ! その打ち上げの様子とは!?

半沢直樹がクランプアップを迎え、出演者が一同に会し、打ち上げが行われた。

大ヒットとなったドラマの打ち上げの様子を追った。

 

都内の高級ホテルの宴会場には堺雅人や香川照之、及川光博などの豪華出演陣が続々と集まった。

ドラマ関係者によると、多くの人が堺雅人に挨拶をしようと長蛇の列を作っていたという。

堺雅人は恐縮した様子で何度も頭を下げていたようだ。

 

冒頭に制作局長の挨拶、取締役の乾杯の音頭で宴がはじまると、流されたのは欠席者からのVTRメッセージだった。

片岡愛之助が歌舞伎座の本番のため欠席であったが、白塗り姿にオネエ口調で挨拶して会場を沸かせたとのことだ。

そして最後に、なぜか現在絶好調中の楽天田中将大投手が登場。

「毎週妻と見ています!」と語った。

 

その後出演者が一人ひとりが壇上に登り挨拶を行った。

半沢直樹役の堺雅人は「正直、僕自身こんなに反響があるとは思ってもみませんでした。きっと言いたいことを我慢している半沢直樹が、日本中にいるからなんでしょうね。間違っていることを間違っていると筋を通す姿が受け入れられたんだと思います。」と話し、「またみなさんと一緒にお仕事をしたいと思います。」と続編出演も匂わせ、スピーチを締めくくった。

 

3時間にも及んだ高級ホテルでの1次会の後、そのまま2次会会場へ。

次はどんな豪華な会場かと思いきや、堺雅人の母校・早稲田大学に近い高田馬場駅前にあるパブ。

学生も通う、庶民的なお店だった。

 

2次会が終わったのは深夜1時過ぎ。

出演者が続々と出てくるが、送迎の車で道が埋まってしまうほどで1時間ほど立ち往生していた。

堺は見送りに出てきたスタッフに深々とお辞儀をして帰宅。

開始から7時間が過ぎていたが、その表情には達成感が浮かんでいたようだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ