半沢直樹出向の理由とは!? 続編への道!

半沢直樹はついに最終回を迎え、大和田常務への「100倍返し」が決行された。

当然昇格を期待する半沢直樹に中野渡頭取は東京セントラル証券への出向を命じ、続編を期待させる終わり方となった。

原作からひも解くその出向の理由とは?

 

半沢直樹が昇格し、ハッピーエンドで最終回を終えると思いきや、まさかの出向命令。

最後の最後に続編への道を視聴者にアピールし、大ヒットドラマの半沢直樹は終了した。

この終わり方は原作のストーリーに沿っていることから、なぜ半沢直樹が出向させられたかという理由は明確である。

 

当然半沢直樹の映画化、もしくはドラマ「半沢直樹2」での続編が実現するだろう。

そしてその続編では最終回で半沢直樹が出向を命じられた東京セントラル証券が舞台となり物語はスタートする。

では、なぜ半沢直樹は出向させられたのか。

その理由は大和田常務を追い詰めた半沢直樹の行動を取締役陣が問題視したからである。

その証拠にドラマの最終回の中で中野渡頭取が半沢直樹に対して、取締役会議で大和田常務を追い詰めて最終的に土下座までさせたことに対して「やりすぎだ。反省しろ。」と叱咤している。

 

続編はいつになるかはわからないが、池井戸潤著のドラマシリーズ原作である「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」に続く「ロスジェネの逆襲」になることは明らかである。

空前の大ヒットとなった半沢直樹であるが、期待される続編は映画化されるのか、それとも再ドラマ化なのか、いずれにせよ視聴者は首を長くして待っていることだろう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ