半沢直樹 愛之助がオネエ役にはまっちゃいました!?

半沢直樹で金融庁検査官、黒崎駿一役を演じた片岡愛之助がドラマの裏話を語った。

どうやらオネエ役にどっぷりはまってしまったらしい。

 

高視聴率をたたき出した大ヒットドラマの半沢直樹。

オネエ言葉でおなじみの金融庁検査官・黒崎駿一役を演じた片岡愛之助が23日の日本テレビ「スッキリ」に生出演した。

金融庁検査官の黒崎駿一のオネエキャラを片岡愛之助はかなり積極的に演じていたようだ。

 

監督から電話があり、「連ドラに出てほしいんだけど。」と言われた片岡愛之助。

彼が「どんな役ですか?」と聞き返すと、監督は言いにくそうに「オネエなんだけど・・・」と答えたという。

しかしその話を聞いて、片岡愛之助はすぐに乗り気になった。

片岡愛之助は「40も過ぎましたし、役者として挑戦してみたいかな、と思いました。」と語っている。

 

いざ演じてみてところ、どんどんその役にはまっていき、回を重ねるごとにオネエキャラが過剰になっていったようだ。

監督からは、「もうちょっと抑えてください。」と言われたほどだ。

 

金融庁の部下の大事な部分を握って、「次に失敗したらつぶすわよ!」と脅すシーンも多かったが、片岡愛之助は「やっているうちにだんだんつかみ所がわかってきました。」と番組内で話している。

そこで「スッキリ」司会の加藤浩次が「僕のもやってみてください。」と下半身を突き出したが、残念ながらその瞬間にアナウンサーに止められてしまっていた。

 

高視聴率を記録した半沢直樹。

主役である堺雅人の演技は当然クローズアップされるが、脇をがっちりと固める本格派の俳優陣の存在は非常に大きい。

半沢直樹のキャスティングには全く「穴」がなかったと言えるだろう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ