半沢直樹最終回の視聴率が40%超え! 過去最高ならず!

半沢直樹の最終回の平均視聴率が42.2%をマークした。

この記録は平成以降の民放連続ドラマとして過去最高の記録である。

 

大ヒットドラマ半沢直樹の最終回は22日に放送された。

同ドラマ15日放送分の視聴率が35.9%を記録したことを受けて、最終回の視聴率がどこまで上がるかが注目されていた。

 

民放ドラマで過去視聴率が高かったものとしては、2000年放送「ビューティフルライフ」最終回の41.3%、2011年放送「家政婦のミタ」最終回の40%が記憶に新しい。

そして過去最高視聴率は、1983年放送「積木くずし 親と子の200日戦争」最終回の45.3%だ。

今回の半沢直樹最終回で記録した視聴率42.2%は惜しくも歴代最高とはならなかったものの、「ビューティフルライフ」の41.3%を上回り、平成以降の最高記録となった。

 

半沢直樹の視聴率42.2%という記録はテレビ離れが進む現代において、とてつもない数字だ。

この記録は当分破られることはないだろう。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ