半沢直樹、視聴率40%超え! その瞬間の場面とは!?

半沢直樹の瞬間最高視聴率がついに40%を超えた。

日本人の2.5人に1人は同時間帯に半沢直樹を観ているという恐ろしい数字である。

 

15日に放送された半沢直樹の第9話では、平均視聴率が関東地区では35.9%、関西地区では36.7%であった。

30%超えは関東地区では3週連続、関西地区では4週連続である。

 

瞬間最高視聴率は関東地区で40.1%、関西地区では42.6%であった。

その瞬間の場面は、金融庁検査を無事終えた半沢直樹と、同期の渡真利がコーヒーで乾杯する場面から、出向中の近藤が秘書課からの電話で呼び出された先で、大和田常務らと遭遇するシーンまでだった。

 

勢いが止まらない半沢直樹。

次回はいよいよ最終回である。

この勢いであれば視聴率50%超えも夢ではないのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ