宇多田ヒカルの母、藤圭子の遺言書の内容とは!?

宇多田ヒカルの母、藤圭子が書き残した遺言書の存在が明らかになった。

その内容がどのようなものだったのかということについて注目が集まっている。

 

先日、飛び降り自殺が報道された宇多田ヒカルの母、藤圭子であるが、多くのファンや友人の疑問は「なぜ火葬だけで葬儀が行われないのか。」ということである。

宇多田ヒカルと母、藤圭子は生前絶縁状態にあると噂されていたため、「親子関係のこじれが原因か?」などの声もある。

しかしその真相は、母の遺言書に葬儀を行わないよう明示してあったからだという。

 

中には藤圭子の遺体と面会したいと強く希望した者もいるというが、故人の強い意志を受けてやむなく断らざるを得なかったと宇多田ヒカルは説明。

宇多田ヒカルのコメントによると、母、藤圭子は生前、身内や知人の葬儀には一切出席せず、自分のやり方でお祈りをささげるというポリシーの持ち主だったようで、葬儀や告別式といったイベントは好まなかったという。

宇多田ヒカルは喪主として、母、藤圭子の気持ちを最大限尊重した上で葬儀を行わないと判断したと語った。

 

複雑な母娘関係を抱えていた宇多田ヒカル。

生前母にしてあげられなかった親孝行を精一杯亡き母の弔いという形で表現しているのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ