市井紗耶香は旦那と別居している?

元モーニング娘・市井紗耶香さんに、『旦那と別居している?』と噂が立っています。

彼女は今の旦那の前に、吉澤直樹さんと離婚しています。

つまりバツ1です。

そのようなことから「また離婚かよ」と一部でささやかれています。

今回は、『何でこんな噂が出回っているのか?』順を追って考えてみたいと思います。

市井紗耶香旦那
引用元:ゴシップちゃんねる

 

前の旦那とは育児放棄が原因で離婚している

まず、市井紗耶香さんは2004年5月、吉澤直樹さんと結婚しています。

そして2人の子供を授かりました。

しかし、吉澤直樹さんの育児放棄が原因で離婚しました。

 

「大人AKB48」のオーディション

市井紗耶香さんは2014年30代を対象「大人AKBオーディション」に応募しました。

結果として、1次選考に通過したものの最終選考で落選しました。

このことで、一部のアンチから非難の嵐が巻き起こります。

『元モーニング娘のメンバーでありながら、敵でもあるAKBのオーディションに受けるとは、どうゆうつもりか?』と。

 

託児所:ちびっこランド

市井紗耶香さんは、次女を「ちびっこランド」という託児所に預けていたことが判明してしまいました。

このことでも一部のアンチの心に火をつけてしまったのです。

『子供を置いて、芸能活動する暇があるなら、子育てに専念するべきだ!!』といった理由です。

 

『大人AKB48のオーディションを受けたのは、今の夫と別居状態にあるからだ!!』といった憶測。

これまでの、前夫との離婚原因。

託児所問題。

これらがミックスされて、『大人AKB48のオーディションを受けたのは、今の夫と別居状態にあるからだ!!』といった憶測がうまれたのではないかと思います。

実際、公式発表では、前夫とは育児放棄が理由で離婚しているわけですし、それなのに市井紗耶香さん自身も託児所を使っていたわけです。

『育児をしてないじゃないか!!親の責任を果たせ!!』といった感情がうまれるのも無理もない気がします。

そのように思いながら、市井紗耶香さんの『大人AKB48のオーディション』のニュースを見たのなら、『大人AKB48のオーディションを受けたのは、今の夫と別居状態にあるからだ!!』と考えるのも納得です。

しかし、これは確定した事実ではありませんし、もう少し芸能人と呼ばれる人達の背景を考えないといけないと思います。

 

アンチ市井紗耶香の人々はテレビ業界の現状を理解していない

今はテレビの収益が落ちています。

そしてこれからも落ち続けるので、芸能人が昔のような高報酬を受けられる機会は激減すると思います。

つまり、『芸能人をやりながら、他の仕事をする』なんてスタイルが当たり前になります。

そのため、「芸能人で子育てをする」こと自体が大変で、託児所のようなシステムは必須だと思います。

 

子供は生みの親がいなくても、ちゃんと育つ。

よく「血のつながりが、どうのこうの……」と言っていますが、あれは根拠が不明です。

子供は生みの親がいようがいまいが、良い環境さえ用意されれば、ちゃんと育ちます。

どうも日本を含めたアジア圏では、子育てに対して欧米と比べて過保護です。

『親だから』と『子だから』と線引きをしすぎです。

それ故に、「子供は生みの親が育てる。それがあたりまえ」といった風潮を生んでいるみたいです。

極端な話、一ヶ月に一度しか合わない親子関係でも、子供と対等の人間同士として接していれば、関係はうまくいきますし、立派に育ちます。

現に、世の中にはシングルファザーと呼ばれる人々が沢山いるじゃありませんか。

そのことを深く考えるべきだと思います。

 

いかがでしょうか?

市井紗耶香さんは注目の人です。

何も考えずに見ると、どこか無責任な人に映るかもしれません。

事実と噂を精査して、判断するべきですが、この話はそれだけにとどまりません。

それは、人権や社会システムまで考慮して、総合的に判断されてしかるべき問題だと思うからです。

メディアの構造やメディアの現状まで絡めないと、本質を見誤ってしまいます。

実際、子供を託児所に預けて、『大人AKB48のオーディション』で上を目指すお母さんなんて良いと思います。

サラリーマンのシングルファザーが子供を託児所に預けて、会社で昇進目指してバリバリ働くことと大差ありません。

そのような柔軟性のある社会の方が良いと思いますが、みなさんはどう考えますか?

『絶対に生みの親が子供を育てなきゃいけない社会』と『みんなで協力して子供を育てられる社会』あなたはどちらを選びますか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ