笑福亭鶴瓶が売れた理由! タモリのおかげ!?

笑福亭鶴瓶と言えば、ゆったりとした話し方でいつの間にか観客を引き込んでしまうしゃべりの達人である。

そんな鶴瓶は芸能界で自分が売れた理由としてタモリの名前をあげる。

 

彼がタレント活動をする上で大きな転機になったのは、「笑っていいとも!」に出演してタモリに出会ったことだ。

鶴瓶が面白いエピソードを話そうとする度にタモリがすかさず横やりを入れて話の腰を折るというのがいつもの風景だ。

 

しかし鶴瓶は内心おもしろくなかった。

いつも「なぜあの人は、俺に自由にしゃべらせてくれないのだろう?」と感じていたという。

ある日鶴瓶はタモリにそのことを問いただした。

するとこんな答えが返ってきた。

「鶴瓶の話が面白いのはみんな知っている。でも、そこであえて話の邪魔をすることで予定調和が崩れて、マンネリを防げるんだ。」

 

鶴瓶はこの一言に衝撃を受けた。

確かに、用意した話をするだけではいずれ限界がくる。

わざとちゃちゃを入れるのは、毎日生放送をやっているタモリならではの工夫だったのだ。

 

鶴瓶はその時からその場で生まれる「アドリブ」の面白さを大切にするようになった。

いわゆる「即興芸」である。

松嶋尚美とのトークバラエティー「きらきらアフロTM」や「鶴瓶のスジナシ!」、「鶴瓶の家族に乾杯」などの番組はその典型だ。

 

視聴者は周到に用意されたネタではなく、その場のトークの面白さを鶴瓶に求めている。

そんな鶴瓶を飽きることなく視聴者は受け入れてしまう。

笑福亭鶴瓶がこれだけ長く芸能界で活躍しているのはタモリのおかげなのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ