華原朋美と明治天皇の玄孫、恋の行方は!?

1990年代に小室哲哉プロデュースで、数々のヒット曲を連発し一躍スターダムに駆け上った歌姫、華原朋美。彼女は芸能界での華々しい活躍とは裏腹に、恋人だった小室哲哉との破局による自殺騒動から始まり、病気による度重なる休養や、仕事のドタキャンにより所属事務所を解雇されるなど情緒不安定で波瀾にとんだ一面も持ち合わせていた。

朋ちゃん

 

現在、華原朋美は新たな所属事務所も決まり、心機一転再スタートしているが、そんな中熱愛が報じられた。相手は法学者であり明治天皇の玄孫としてテレビでも活躍している竹田恒泰氏だ。

 

華原朋美と竹田恒泰、芸能人と法学者という一見、接点のなさそうな二人が熱愛とは不思議なものだが、バラエティー番組での共演が元でプライベートでの付き合いが始まっていると言う。

 

お互い恋人関係ではないと前置きしつつ、実は竹田側から交際を申し込んでいるようで、華原は仕事を優先したい考えのため返事を保留しているようだ。しかしインタビューではこっそり(竹田氏に)会いたいと話すなど華原にとって竹田恒泰は大切な存在となっているようだ。

 

愛くるしいキャラクターでファンも多く、多数の芸能関係者からも慕われていた華原朋美だが、プライベートではなかなか恋愛を成就出来なかった。自分を思ってくれている人が存在することで今後の芸能生活にも弾みがつくのではないだろうか。不遇な出来事もあり精神的に脆い彼女にとって大切な人の存在は欠かせないと思える。波瀾にとんだ華原の恋愛の行方が気になるところだ。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ