蛯名健一がアメリカで大絶賛! 日本人ロボットダンス!

アメリカの人気公開オーディション番組「America’s Got Talent」で日本人ダンサーのロボットダンスが大絶賛された。

そのダンサーの名前は蛯名健一。

彼の確かな技術に裏打ちされた創造的なダンスは聴衆と審査員を驚愕させた。

 

蛯名健一が同番組のステージに登場し、「My name is Kenichi Ebina」と自己紹介した時、その何分後かに起こる奇跡を誰が想像しただろうか?

体格は小柄で、顔は童顔、どう考えても聴衆を惹きつけるダンスができるとは思えない。

しかし いざ踊り始めると、最初の数秒で聴衆と審査員の心をわしづかみにした。

そしてダンスの中旬で披露された「マトリックス」の1シーンをCGなしで再現したロボットダンスで会場のボルテージはマックスに達し、スタンディングオベーションの中ダンスを終えた。

4人の審査員は蛯名健一のロボットダンスを大絶賛し、興奮覚めやらぬといった状態が続いた。

 

蛯名健一はもちろん審査を通過し、現在同番組コンテンストで優勝をかけて他の出演者と争っている。

アメリカには日本の忍者の存在を信じる者が多いというが、彼は日本に現存する忍者であるのかもしれない。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ