大谷翔平、田中マー君に敗れる! 田中は世界新記録!

大谷翔平と田中マー君の直接投手対決が連日話題になっていたが、本日その対決が実現した。

この試合、田中将大には日本タイ記録と世界新記録もかかっていた。

 

田中の立ち上がりはやや制球が甘く、4回までに2失点。

序盤の立ち上がりの状態から「今日で記録が止まるか!?」と一瞬不安を感じさせたが、現在絶好調のマー君にはそんな心配はいらなかった。

5回以降徐々に調子を上げていき、終わってみれば2失点完投。

後半からはほぼ完ぺきなピッチングであった。

 

一方大谷は、4回までは無失点。

しかし、マギーの打球が左太ももに直撃するというアクシデントが影響したのか、5回に制球を乱し、2失点を喫した。

その後6回にマウンドを譲り、4勝目を逃した。

 

田中将大は今回の勝利で開幕負けなし20連勝。

この記録は、今後破られることはないだろうと思われていた1957年に稲尾が達成した同シーズン20連勝と並ぶ日本プロ野球タイ記録となる。

また、開幕からの連勝記録は1912年に大リーグのループ・マーカード投手が達成した19連勝を抜き、世界新記録となった。

 

どこまでも記録を伸ばしていくマー君。

いったいどこまで勝ち続けるのか。

試合後に楽天星野監督は、「すげえやつだ。想像を絶する。こんな投手見たことない。」と感嘆の声をあげていた。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ